「佐賀でわがまま旅」体験してきました!~江北町・武雄市・有田町(地域おこし協力隊の友人の元へ)〜

今回の旅の“わがまま”は佐賀県江北町にて「地域おこし協力隊」として働く友人との再会。

彼女の働きぶりや元気な姿、働いている街を見て元気をもらうために佐賀の地へ向かいます!

写真A

 

約2時間半で九州佐賀国際空港に到着。

早速友人が住んでいる江北町に向けて出発です!!

写真B

 

江北町に到着。移住定住で注目を集めている江北町はとてもおだやか。

そして友人との久しぶりの再会に思わず表情もほっこり。

 

写真C

 

いよいよ地域おこし協力隊のおススメする江北町ツアーのスタートです。

まずは江北町の歴史が残る「天子社」に訪問。昨年144年ぶりに復活した流鏑馬の会場にもなっている由緒ある神社です。旅のスタートはお祈りから始まります。

■天子社
【住所】佐賀県杵島郡江北町大字上小田

写真D

 

そして同じ敷地内には昔の舞台が残っており、思わず登っちゃいました。

写真E

 

次は友人の特権!友人宅のお庭で収穫体験!笑

収穫体験と呼ぶには可愛すぎるお野菜でしたがこんな体験ができちゃうのも佐賀のいいところですね。

驚いたのは江北町のお家賃!東京では考えられないお値段ですね。一軒家で○万円~なんて。。。

佐賀への移住を本気で考えてしまいます。

写真F

 

続いて友人と同じく江北町に移り住んだ方が営んでいるパン屋さん「手作りパン屋アルパカ」にお邪魔しました。

店内に広がる美味しそうなパンの匂いが最高です。

写真G

写真H

 

続いて、”人と馬のふれあい通して、幸せを届ける活動”を行っているという「CLUB RIO」へ

江北町でこんな体験までできてしまうとは!
可愛い可愛いポニーとのお散歩体験です。

写真I
写真J
心癒される江北町での「JUJU(ジュジュ)」とのお散歩。
こんな素敵な旅もあるんだなと思う夕暮れ時でした。
写真K
写真L
 

夕食はおすすめのお店があるということで武雄へ。

武雄温泉楼門」はぜひ見ておきたい観光スポットの一つ。
東京駅や日本銀行を設計した辰野金吾氏の設計で、築後100年を迎えています。

 
武雄の名店「あん梅」では佐賀産の美味しいお野菜やお肉、魚介が食べられます。
久々に再開した友との乾杯は、もちろん「佐賀ん酒」で!

■あん梅
【TEL】0954-23-5617
【住所】佐賀県武雄市武雄町富岡7751-31

 
写真M

 

2日目は朝から陶器で有名な“有田”地区へ!!

大満足のお買い物。特に「坂本窯」は深い碧が差し込む光に映えて、思わず財布の紐も緩んじゃいますね♪

写真N 写真O 写真P

 

大満足の佐賀旅、必ずまた来ますね!!

写真Q

 

 

 

 

 

 

Pocket
LINEで送る