• 唐津・呼子
  • 有田・伊万里・武雄
  • 嬉野・鹿島・太良
  • 佐賀・多久・小城
  • 吉野ヶ里・鳥栖

佐賀 さが 多久 たく 小城 おぎ エリア

唐津・呼子
吉野ヶ里・鳥栖
佐賀・多久・小城
有田・伊万里・武雄
嬉野・鹿島・太良
佐賀・多久・小城エリア

「見たい」「食べたい」が詰まった佐賀の中心地

見えないけど実は見える世界遺産?!佐賀県内唯一の新感覚世界遺産はぜひ一度体験を。
時代を超えて届く孔子の教えを聞き、小城の奥座敷で鯉料理に舌鼓!

三重津海軍所跡

三重津(みえつ)海軍所跡

佐賀県で初の世界遺産に登録された三重津海軍所跡。現在、全ての遺構は保護のため埋め戻されています。しかし、見えない世界遺産も「VRスコープ」を使えば、当時の賑わいをイメージしたCG映像が360度の視界に広がります。

多久聖廟

多久聖廟(たくせいびょう)

多久聖廟は1708年、多久の藩主が儒学の祖・孔子(こうし)を祀り、その教えを広めるために創建しました。現存する孔子廟としては日本で最も古いもののひとつです。廟内は、鳳凰、龍、象などの中国風の彫刻や、朱漆をほどこした壮麗な装飾が魅力です。

清水の滝

清水の滝

別名「珠簾(たますだれ)の滝」とも呼ばれる清水の滝。名水百選に選ばれた清水川から流れ落ちる落差75mの豪快かつ美しい滝です。毎年晩秋には紅葉とライトアップで人気を集めています。また、激流にさらされた鯉の料理は臭みが全くなく、小城の名物として知られています。

おすすめの立ち寄り先

  • 温泉
  • グルメ
  • お土産
  • 観光
  • 体験
  • プチコース