• 唐津・呼子
  • 有田・伊万里・武雄
  • 嬉野・鹿島・太良
  • 佐賀・多久・小城
  • 吉野ヶ里・鳥栖

吉野ヶ里 よしのがり 鳥栖 とす エリア

唐津・呼子
吉野ヶ里・鳥栖
佐賀・多久・小城
有田・伊万里・武雄
嬉野・鹿島・太良
吉野ヶ里・鳥栖エリア

童心に帰って
弥生の暮らし、体験してみませんか

吉野ヶ里では年中いつでも弥生の暮らしに浸れます。春から初夏にかけては通称「つつじ寺」へ、秋には人気の紅葉スポットへ。新名物「とりこどん」や「神埼めん懐石」などここにしかない名物にぜひチャレンジを。季節を感じる旅とご当地グルメを堪能してください。

吉野ヶ里遺跡

吉野ヶ里遺跡

日本文化の原点である弥生時代。その700年間の移り変わりを知ることができる、日本最大の遺跡です。ものづくりや火おこしなど弥生の生活を体験できる、老若男女問わず楽しめるミュージアムです。

九年庵

九年庵(くねんあん)

佐賀の大実業家・伊丹弥太郎が9年の歳月をかけて造らせた、筑紫平野を借景とした庭園です。数寄屋(すきや)造りの邸宅と共に、ツツジやモミジ、スギゴケが四季に合わせた風情を見せます。日本国指定名勝のひとつで、一般公開されるのは新緑と紅葉の時期のみ。

とりこどん

とりこどん

2005年の九州新幹線「新鳥栖駅」開業を記念して開発された鳥栖の新名物「とりこどん」。「鳥の栖(すみか)」と書く鳥栖にちなんで、鶏肉と卵を使うことがルール。「丼」だけではなく、中華風、パスタ、うどんなど、市内の約30店舗のお店で趣向を凝らしたメニューを準備しています。

おすすめの立ち寄り先

  • 温泉
  • グルメ
  • お土産
  • 観光
  • 体験
  • プチコース