お土産

コロッとした見た目がかわいい!唐津銘菓「大原松露饅頭」

創業1850年 唐津銘菓の伝統を守る「大原老舗」

今から160年以上前に創業した佐賀県唐津市の老舗和菓子屋「大原老舗」。2016年1月現在佐賀を中心に18店舗展開しており、その1店舗1店舗がその町に溶け込むような意識して造られています。

画像 003

佐賀を代表する銘菓!みんな大好き「松露饅頭」

一番人気はもちろん、薄いカステラの生地のなかにたっぷりとこしあんが詰まった、佐賀を代表する銘菓「大原松露饅頭」。一度食べるともうやみつきに。佐賀土産のイチオシです。

あの豊臣秀吉が朝鮮出兵後に高麗から陶器などと一緒に持ち帰った焼饅頭を元に、ご先祖様が創意工夫を凝らし、今のようなまん丸の形になったといわれています。

その昔、日本三大松原の一つである唐津の「虹の松原」では“松露(キノコの一種)”がとれていて、

饅頭の形が、その“松露”にていることから「松露饅頭」と名付けられたそうです。

無題

原材料は小麦、卵、蜂蜜、小豆などとてもシンプルで完全無添加です!

そのため賞味期限は製造日より6日間となっています。

「遠方のお友達に送りたいからもう少しだけ賞味期限を延ばしたい!」なんて方はお願いすると真空パック対応をしてくれます。

無形文化遺産の唐津くんちの絵柄のパッケージ

無形文化遺産の唐津くんちの絵柄のパッケージ

熟練の技を生で見る

機械化が進進んだ現代でも、職人が銅板で一つ一つ丹念に手焼きして作っています。

この技術を取得するには長い年月がかかるそうで、この道40年以上のベテランさんも。

あんこをまん丸にまるめること然り、焼き加減然り、焼き立ての火傷するほど熱い松露饅頭をいくつも手に乗せることも然り…です。

 

事前に予約すれば、和多田店(佐賀県唐津市和多田本村4-51/0955-73-3185)のみで工場見学をすることができます。

外側がサクッとした焼き立ての松露饅頭の試食ができます。

お店で販売されている生地とあんこがしっとりと落ち着いた松露饅頭とぜひ食べ比べてみてください。

 

創業当初から変わらぬ手焼き

創業当初から変わらぬ手焼き

大原店舗 037

タイミングが合えば、各店舗の店内でも職人が焼いているのを間近で見ることができますよ。

佐賀空港から 車で約1時間20分

Pocket
LINEで送る

施設名 大原老舗
住所 佐賀県唐津市鏡字立神4661-1 (鏡山登り口)
電話番号 0955-77-3771
営業時間 9:00~19:00 (定休日なし)